処女から調教された精液処理人形・瞳【精飲調教編】(家畜コレクターvol.23)


本映像はSM雑誌『マニア倶楽部』に投稿された作品をまとめたものです。【以下、投稿者・瞳(仮名)さんより】ずっと年上のご主人様と一緒に暮らしている瞳と申します。母との関係が上手くいかなくて、ある日、家出同然に飛び出した私を拾ってくれたのがご主人様でした。厳しい家に育ち、性にまったく奥手だった私は、ご主人様に出会った時はまだ処女でした。そしてご主人様の優しさに触れるうち、いつしか彼の奴隷としてずっとお側にいたいと思うようになっていったのです。父親という存在を知らずに育った私にとって、ご主人様は父のようであり、恋人のようでもあり、全てを愛情で包み込んでくれる絶対的な支配者です。女としてまだまだ未熟な私ですが、現在は日課である性のお相手を務めるようになりました。私のいろいろな穴に精液を注ぎ、気持ちよさそうにしているご主人様のお顔を見ていると、もっともっと頑張りたいって思うのです…。【シーン1】私はご主人様にきびしく虐められた後に甘えるのが好きなので、この日はSMの設備があるホテルに連れてきてもらいました。まずは奴隷の証であるパイパンのアソコを見せて、オナニーを命じられました。部屋の雰囲気のせいでしょうか、いつも以上に愛液が滴ってしまいます。【シーン2】お風呂に入る時は、いつも私がご主人様を綺麗に洗ってあげます。おしっこがしたくなったので、恥ずかしかったけどご主人様に見てもらいました。【シーン3】ご主人様が寝ている時にフェラで起こすのが大好きです。私の毎朝のお仕事です。この日のご主人様はすぐに目を覚まして、カメラで撮りはじめました。タマタマからお尻の穴までたっぷり舐めさせてもらって、最後はお口の中にたくさん出してもらいました。朝の濃い精子はとっても美味しいのです。【シーン4】SMホテルで木馬の上に拘束されて、気持ちいいところをたくさん責められました。ご主人様も興奮してしまったようで、私の口に荒々しくオチンチンをねじ込むと、すぐさまオマンコに挿入なさいました。たくさんの穴でご主人様の肉棒の熱さを感じられて、とても幸せな一時でした。【シーン5】敏感を通り越して、淫乱の域に達してしまった私の身体に、ご主人様は罰を与えました。ムチでいたぶられた後、電動でピストンする器具でまた快感責め…。あまりの気持ちよさで本当に頭がおかしくなりそうでした。続けて乳首に電気を流されました。乳首は私の弱点です。私はなすすべもなく、ご命令通りに淫らな言葉を叫ぶしかありませんでした…。【シーン6】この日はとっても恥ずかしい責めをされました。ご主人様が私のお腹に空気をどんどん送り込むのです…。愛するご主人様の前で大きなおならをたくさん漏らしてしまい、恥ずかしさのあまり、どこかに消えてしまいたい気持ちでした。【シーン7】お尻の穴でのセックスができなかったので、お詫びにお口でご奉仕しました。フェラチオが大好きですし、精子を飲むことはもっと大好きです。いつかお尻の穴でセックスができるようになっても、最後はいつもお口に出してもらえたらな…って思います。

タイトルとURLをコピーしました