息子に調教されるセレブ妻・沙知代【牝穴貸出編】


本映像はSM雑誌『マニア倶楽部』に投稿された作品をまとめたものです。【以下、投稿者・沙知代(仮名)さんより】実の息子・コウに牝奴隷として調教されている、どうしようもないダメな母親の沙知代です。コウは学業優秀で一流大学から大手企業に進んだ自慢の息子でした。行く行くは夫の後を継ぎ多くの社員を率いていく立場でした。そんな息子が熟年性愛者であり、しかも実の母親である私を「女」として見ていたのです。さらにコウの中には、ネットで知り合った中年男性・Sさんの影響で嗜虐的なSM性癖が芽生えていました。コウはいつしか、私を奴隷として弄び、凌辱したいと考えるようになっていたのです。コウからの衝撃的な告白を受けた時、私は絶望感に包まれるとともに、大切な息子の歪んだ性癖に気づいてあげられなかったことに強い罪悪感を抱きました。あの真面目な性格のコウが、いったいどれほど悩んだことでしょう…。私はいけないことと知りながら、息子の求めを受け入れ一線を踏み越えてしまったのです…。【シーン1】縄で上半身を縛られたまま私の牝穴の卑猥さを試されました。必死で堪えようとしても、どうしてもいやらしい喘ぎ声が出てしまいます。その度にSさんに平手や鞭で容赦なく叩かれました。最後にはヨダレと涙で顔がグシャグシャになってしまいました。さらに全身を縛られ、体中を洗濯バサミで痛めつけられながら、たくさん鞭打たれました。きっと私の絶叫が部屋の外にまで響いていたと思います…。【シーン2】調教を一生懸命頑張ったご褒美として、Sさんの肉棒を味わうことを許していただきました。夢中でおしゃぶりしていると、だんだん硬く大きくなってきたので、そのまま私の濡れそぼった牝穴に挿入していただきました。ピストンされるたびに、あまりの快感に頭がおかしくなりそうで、ビデオカメラで記録するコウの存在を忘れて悦楽に溺れてしまったのです。【シーン3】最下層の奴隷であることを心に刻み込まれるように、人前で立ちションを披露させられ、口の中に放尿をされました。そのまま熱蝋折檻からの強制アクメで、私は母であることも忘れ精神が崩壊していくのを感じました。【シーン4】手を頭の後ろに組んだまま電マで何度もイカされるうちに、ついに下着を履いたままオシッコを漏らしてしまいました。罰としてビショ濡れのパンティを口に詰められたまま、頭からSさんに放尿されました。そのまま全身をシャワーの強い水流で責められ、最後には浴槽に何度も沈められ水責めの躾を受けました。

タイトルとURLをコピーしました