両穴フィスト家畜・千佳【強制レズ編】(家畜コレクターvol.21)


本映像は、三和出版のSM雑誌『マニア倶楽部』編集部に投稿されたSM愛好家の投稿動画をまとめたものです。投稿者は筑紫洋道氏。映像に映っている女性は千佳(奴隷名)さんというマゾ女性で、縁あって筑紫氏に譲渡されたマゾヒストです。千佳さんは十数年に及ぶこれまでの厳しい調教の結果、その身体を奴隷女にふさわしい肉体になるよう改造されてきました。乳首は赤ちゃんのオチンチンほどに肥大化し、ラビアは醜く延伸されています。子どもを産んだことがない女性器は、腕が2本も入るほどガバガバに改造され、肛門も女性の腕なら抵抗なく入るほど拡張されています。小豆大に肥大したクリトリスは、より巨大化するよう男性ホルモン剤を塗布され、常に刺激を与え続けられています。喉の奥の奥でオチンポ様に気持ちよくなって頂くため、吐いても許してもらえない厳しいイラマチオ訓練を十年近く続けられた結果、今ではえずくという嘔吐反射さえ奪われてしまいました。ぜひ、普通の女性なら失神するような酷い調教を繰り返され、後戻りができない肉体に改造をされた千佳さんの素敵な体と、強すぎる被虐性をご覧下さい。【ダブル・フィスト姦】筑紫氏が所有しているもう一匹のメス家畜ケイコに、千佳の拡張をさせる映像。ケイコはセックス奴隷として精液を搾り取る性技を仕込まれている家畜人。本当はケイコも主に責めて欲しいという彼女の願いを無視し、生きたバイブのように千佳のオマンコと肛門をフィストで犯し拡張訓練をさせる。【家畜人と見世物奴隷の連結アクメ】ケイコと千佳のオマンコを双頭の張り型で連結し、尻を振らせる。筑紫氏はぶつかり合う二つの尻を打擲し、千佳にだけフェラ奉仕をさせる。【奉仕(千佳にペニス、ケイコに足指)】ケイコの嫉妬心を煽るため、千佳にのみフェラ奉仕をさせ、ケイコには足指へ奉仕をさせる。千佳の口で射精をした筑紫氏は、残滓の残ったペニスへのお掃除フェラだけを許した。【女性器ダブルフィストとAフィスト】千佳の性器を拡張するため、家畜人のケイコにオマンコダブルフィストをさせる。その後、肛門も拡張訓練をかねてケイコにAフィストをさせた。【浣虐2.5リットルと熱ロウ責め】200CCのガラス浣腸器で十回以上も微温湯を注入された千佳がオムツをあてられ排泄を我慢する。筑紫氏は専用の顔面騎乗椅子を使って排泄を我慢する千佳にアナル舐め奉仕をさせる。

タイトルとURLをコピーしました